ブログ

滋賀県 大津市 エクステリア ウッド調目隠しフェンス施工

先日大津市仰木の里東で施工させて頂きました外構エクステリア工事です。
オリジナル目隠しフェンスの施工です。

元々ハウスメーカーのモデルハウスであったこのお宅には
居間から続くウッドデッキがあり、とても開放感があります。
しかし、いざ暮らしてみると道路に面しているため外からの
視線が気になるというお悩みでした。

 

before

S邸目隠F施工前 (2)  S邸目隠F施工前 (1)

 

お施主様からのご依頼はメンテナンスフリーで丈夫な目隠しというご要望でした。
全面を目隠しで囲うというアイデアもあったのですが、そうすると
せっかくの開放感もなくなる上、デッキ自体が高床でどうしても背が高くなるため
コストもすごく高価になってしまいます。

そこで、一番視線が気になる道路面だけをウッド調の部材で現場にあわせて
施工させて頂きました。

使用した部材は「タカショー」の‘エバーアートウッド’の汎用資材。
ウッド調の部材はアルミ製なので丈夫でメンテナンスフリーです。
背が高くなるため、柱は補強された別注品を使用しています。

ウッド調感を出すため小口部分は柱と合わせず少し張り出させ、
単純にならないように幅の違う二種類の板を交互に組み合わせてみました。

 

after

S邸目隠F施工後 (2) S邸目隠F施工後 (1)

目隠しと風通しを考えて隙間は1センチ。
お施主様と施工時に相談させて頂きながらの組み付けです。

もちろん、隙間の間隔を変えたり部材の張り順や板によって色を変えることも可能です。
現場あわせに対応した汎用部材ならではのオリジナルなエクステリアですね。

S邸目隠F全景

お施主様にも大変喜んでいただきました。
楽しい仕事をさせて頂きました。 ありがとうございます。
これからの季節、このデッキを大いに活用してくれればうれしいです。

震災対策リフォーム応援キャンペーン

ここ何年か、大小あわせて数多くの震災が起こっています。
その際、甚大な被害をもたらしているのがブロック塀の倒壊です。

下敷きになって死者が出たり、道路を塞いでしまい避難の妨害となったり
二次災害のきっかけにもなりえます。

その地域すべての建物やブロック塀が倒壊するような場合はまだしも、
他の構造物はそれほどでもないのに、特定のブロック塀が倒壊していることが
よく見かけられます。

そのほとんどが基礎がちゃんと施工されていなかったり、構造が弱かったりという
いわゆる「手抜き工事」によるものです。
我々エクステリア外構業者にとっては非常に悲しいことではありますが、
この手抜きによってたくさんの方が被害にあって居られるのが実情です。

地震が無くても我々がリフォームのためにブロック塀を解体してみると
このような手抜き工事がされていることが多々あります。

・鉄筋が全く入っていなかったり、入っていても少量で強度を成していない
・塀の高さや土圧に対して基礎の強度が伴っていない
・ブロック内に充填すべきモルタルがきちんと充填されて無い、もしくは品質が悪い
等々・・・・・

出来上がってしまうとほとんどわからない部分で手抜きされて完成されているのですが
もし倒壊して他人に被害が及ぶと責任はすべて所有者に掛かってきてしまいます。

このような手抜き工事は一概には言えませんが阪神大震災以前のものや、
バブル期に施工されたものによく見受けられます。

既に目に見えて傾いていたり、大きな亀裂があるブロック塀は上記のような
手抜き工事の可能性が高いです。

当店ではこのような嘆かわしいブロック塀を少しでも少なくしていこうと考え、
震災対策リフォームを応援するキャンペーンを展開いたします。

ブロック塀をリフォームされる場合、
既存のブロック塀が手抜き工事されて震災のときに倒壊する恐れがあると
当店が判断した場合は、既存塀の解体撤去処分代金を半額に致します。
(既存と同等面積の塀に改修する場合、その他の場合はご相談となります)

その他のエクステリア等につきましても、リフォーム工事の場合
既存工作物が手抜き工事で危険と判断した際、撤去処分に関して割引致します。
(詳細はご相談くださいませ。)

危険なエクステリアが少しでも無くなっていくように・・・・
当店は応援させて頂きます。

※このキャンペーンは永続的に実施する予定ですが、状況等により予告無しに
 変更、もしくは終了することもございます。

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-④

先日完工致しました大津市国分の新築外構エクステリア工事の詳細の最後です。

今回は庭の中の造作施工等についてです。

高台の家に元々あった掘り込みのガレージ上部は庭の真ん中に露出しており、
屋根部分は表面のモルタルがかなり朽ちていました。

before

国分N邸 ガレージ上テラスー施工前 (1) 国分N邸 ガレージ上テラス2ー施工前

庭の面積の大部分を占めるこのガレージ屋根部を有効的に使えるよう、
既存のモルタルをすべて除去し、防水モルタルでリフォームしました。
また、家からの行き来もしやすいように、間に大きなコンクリートステップと
犬走りを設けました。

after

  国分N邸 ガレージ上テラス2ー施工後 国分N邸 ガレージ上テラスー施工後 (2)

 

高台の住宅地のさらに高台の敷地からの景色はとてもよく、
このガレージ上部屋根は大きなテラスとしてとても使いやすく
生まれ変わりました。

ガレージ上部の道路面側には「タカショー」の‘エバーアートウッド’素材を使い、
オリジナルで小型のフェンスを施工しました。
これにより外からの見た目は他のフェンスとの統一感を持たせつつ、
転落防止も兼ねる事が出来ています。

 

玄関からこのテラスまでは芝生を張りました。

before

国分N邸 芝生 施工前

 

after

国分N邸 芝生 施工後

緑も入り、以前とはまったく違う雰囲気になりました。

完工まではかなりの時間を必要としましたが、
とても良い外構エクステリア リフォーム工事が出来ました。

今後お施主様がこのお庭で楽しんでいただけることと思います。
良い仕事をさせて頂きました。 ありがとうございます。

 

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-③

先日完工致しました滋賀県大津市国分の新築外構エクステリア工事の詳細の続きです。

今回はアプローチ階段や門扉等、門周りの施工についてです。
高台の家に入るための元々の階段は結構狭く、枡等も途中にあるため
施工にはかなり苦労いたしました。
また、お施主様のご要望でこの階段途中に門扉とインターホンやポスト、
表札、門灯を一体化した機能門柱をとのご希望でした。
そこで既存の階段袖の擁壁を一部解体して掘り込み、
新たに「踊り場」を設けることで門扉を開閉するスペースを確保。
踊り場と門扉を斜めに振ることで階段~玄関への緩やかな動線を作りました。

 

before

国分N邸 階段-施工前  国分N邸 階段上からー施工前

階段床面は玄関ポーチと同じタイルを使い、階段途中にある枡は「化粧ハッチ」を
使うことで目立たなくしています。

機能門柱は出来るだけ場所をとらないように
「LIXIL」の ‘ファンクションユニットスリムスクエア’を施工。

門扉は道路側のフェンス「三協アルミ」‘カムフィX5型’ にあわせて
同じシリーズ ‘ニューカムフィ5型’ を選択し、使いやすい様に
「親子扉仕様」としています。

新たに塗り壁を施した擁壁側にはシンプルな手摺、
「三協アルミ」‘エトランポU’ を設置しました。


after

国分N邸 階段-施工後 国分N邸 階段上からー施工後

 
門周りはその家の顔とも言える部分ですし毎日遣う場所とも言えます。
使い勝手と見た目を考慮して頑張って施工させて頂きました。
施工はかなり手間が掛かりましたが、とてもきれいに
そして使いやすく 仕上げられたと思います。

次回は庭内の施工を紹介していきます。

 

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-②

先日完工致しました滋賀県大津市国分新築外構エクステリア工事の詳細です。

今回は境界の施工についてです。

隣地との境界というのはすごくシビアなものであり、我々外構職人としては
かなり気を遣うところではあります。
今回の現場は周りの境界擁壁がすべてお施主様宅のものでしたので
かなり気が楽でした。

右隣の境界は既存のフェンスがかなり老朽化しておりましたので撤去。
ブロックを一段追い積みし、シンプルなメッシュフェンスを施工しました。

使用したフェンスは「三協アルミ」の‘ユメッシュZ’です。

 

before

国分N邸 隣地境界-施工前

 

after

国分N邸 隣地境界-施工後

 

 

裏側の隣地境界は勝手口側となり、裏隣のお宅も同じように勝手口があるため
こちらも既存擁壁上にブロックを追い積みし、背の高い目隠しフェンスを施工しました。

目隠しに使用したフェンスは「三協アルミ」の‘カムフィX 9型’です。

また勝手口上部にはテラス屋根、「三協アルミ」の‘メニーウェルF’を施工しました。
こちらは壁面から境界までの距離が最小規格サイズよりも短いため、出幅を切詰める
加工施工となりました。
地面部はコンクリート土間を打設しました。

before

国分N邸 裏勝手口周り-施工前

 

after

国分N邸 裏勝手口周り-施工後 (2)   国分N邸 裏勝手口周り-施工後 (1)

 

これでかなり使い勝手の良い勝手口周りとなりました。

次回はアプローチなどを紹介していきます。

 

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-①

先日から施工させて頂いておりました、滋賀県大津市国分の
新築外構エクステリア工事が完成いたしました。

こちらの現場は新築外構工事ではありますが、
元々高台の建物を解体して新築されたので
既存の擁壁や掘込みガレージ部分を再利用するため、
どちらかというと大規模な外構リフォーム工事となりました。

before(建物の建築前)

 

国分N邸 全景ー施工前  国分N邸 全景2ー施工前

 


after

国分N邸 全景ー施工後  国分N邸 全景2ー施工後

新しくするよりも既存のものを作り変えるほうがかなり手間は掛かりますが、
とても良い感じに仕上がり、お施主様にも大変喜んでいただきました。

次回記事より詳しくUPしていこうと思います。

大津市 高台のエクステリア工事 コンクリート土間打設

本日は現在施工中の大津市の外構エクステリア工事現場にて
コンクリート土間打設を行いました。

通常の場合はコンクリートミキサー車から一輪車で受け、運ぶのですが
高台の現場の場合はそうにも行きません。

高台のため、クレーンにより打設位置までホッパーという道具を使い
コンクリートを運んでいきます。


クレーン&ホッパー


現場により、クレーン車を据えられなかったりすることも多々ありますが
今回は上手くいきました。

これによりこちらのエクステリア工事は本日かなり進み、
「ラストスパート」といった感じです。

仕上げまでもう少し・・・

仕上がりが楽しみです。

人気の樹木 ’ジューンベリー’(アメリカザイフリボク)

ここのところ当店の近くでも入学式 始業式の時期となり、
この時期に付き物の桜の花が咲き誇っています。

桜は成長すると大木になり、また剪定するとそこから枯れこみやすいので
当店ではお庭に植えるのはお奨めしていません。

そんな当店の庭先では桜と同じバラ科の‘アメリカザイフリボク’が咲き出しました。


Jベリー (3)


「ジューンベリー」の名で、数年前から庭木として人気の樹木です。
名前のとおり、6月に実が成り食べることが出来ます。


Jベリー (5)


桜と比べると樹形もそこそこスリムでコンパクト。
強剪定にも耐えうるので、植栽材料としてはおススメの樹木です。

花も可愛らしく、実も楽しめるジューンベリー。
お庭に一本いかがでしょうか。

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事着工 

 

先日から着工させて頂きましたのは、大津市国分の住宅地内の
新築住宅の外構エクステリア工事です。
見晴らしのとても良い高台の住宅地内でのお仕事となります。

前からあった建物を解体して新たに建てられた新築のお宅。
敷地自体も高台となり、外構も元のままの状態の部分が多いため
それを新築住宅にあわせてリフォーム&新設していきます。


国分 K邸 施工前 (1) 国分 K邸 施工前 (2)
国分 K邸 施工前 (3)

元からあるものを作り変えるのは、新たに作るよりも結構手間が掛かりますが
新築のお宅に負けないよう、頑張って作り込んでいきます。

お庭の緑に人工芝はいかがでしょう?

お庭の植栽材料として昔から依然として人気なのは芝生です。
青々とした芝生が張られたお庭は確かにとても見栄えも良いものです。

しかし、刈込みや水遣りなどメンテナンスも大変なうえに
住宅地の土壌によっては上手く育たないこともあります。
また、日本で一般的な芝生(コウライシバor姫コウライシバ)は
冬季は休眠するため秋~春先にかけては茶色くなってしまいます。

そんな現代の住宅事情に反してやはり人気の芝生。
メンテナンスのための時間がなかなか取れない方や
お庭の土壌環境がよくないお宅には人工芝はいかがでしょう?。

人工といっても見た目はかなりリアルで葉足の長さも揃っているため
お庭に張ってみるととてもきれいに見え、その他のエクステリアも
浮立ちます。

人工芝


また当然のことながら一年中青く、土壌も選びません。
地面が土でないコンクリート土間やベランダ、屋上にも
張ることができます。



人工芝サンプル


当店では手にとって見ることが出来るサンプルをご用意しております。
ご興味のある方は是非、ご相談ください。
また、もちろん天然芝も取り扱っております。
天然が良いか?人工のほうが良いか?わからない方もご相談ください。

Copyright© 滋賀県大津市の造園・エクステリア 北村庭園 All Rights Reserved.