エクステリア

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-④

先日完工致しました大津市国分の新築外構エクステリア工事の詳細の最後です。

今回は庭の中の造作施工等についてです。

高台の家に元々あった掘り込みのガレージ上部は庭の真ん中に露出しており、
屋根部分は表面のモルタルがかなり朽ちていました。

before

国分N邸 ガレージ上テラスー施工前 (1) 国分N邸 ガレージ上テラス2ー施工前

庭の面積の大部分を占めるこのガレージ屋根部を有効的に使えるよう、
既存のモルタルをすべて除去し、防水モルタルでリフォームしました。
また、家からの行き来もしやすいように、間に大きなコンクリートステップと
犬走りを設けました。

after

  国分N邸 ガレージ上テラス2ー施工後 国分N邸 ガレージ上テラスー施工後 (2)

 

高台の住宅地のさらに高台の敷地からの景色はとてもよく、
このガレージ上部屋根は大きなテラスとしてとても使いやすく
生まれ変わりました。

ガレージ上部の道路面側には「タカショー」の‘エバーアートウッド’素材を使い、
オリジナルで小型のフェンスを施工しました。
これにより外からの見た目は他のフェンスとの統一感を持たせつつ、
転落防止も兼ねる事が出来ています。

 

玄関からこのテラスまでは芝生を張りました。

before

国分N邸 芝生 施工前

 

after

国分N邸 芝生 施工後

緑も入り、以前とはまったく違う雰囲気になりました。

完工まではかなりの時間を必要としましたが、
とても良い外構エクステリア リフォーム工事が出来ました。

今後お施主様がこのお庭で楽しんでいただけることと思います。
良い仕事をさせて頂きました。 ありがとうございます。

 

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-③

先日完工致しました滋賀県大津市国分の新築外構エクステリア工事の詳細の続きです。

今回はアプローチ階段や門扉等、門周りの施工についてです。
高台の家に入るための元々の階段は結構狭く、枡等も途中にあるため
施工にはかなり苦労いたしました。
また、お施主様のご要望でこの階段途中に門扉とインターホンやポスト、
表札、門灯を一体化した機能門柱をとのご希望でした。
そこで既存の階段袖の擁壁を一部解体して掘り込み、
新たに「踊り場」を設けることで門扉を開閉するスペースを確保。
踊り場と門扉を斜めに振ることで階段~玄関への緩やかな動線を作りました。

 

before

国分N邸 階段-施工前  国分N邸 階段上からー施工前

階段床面は玄関ポーチと同じタイルを使い、階段途中にある枡は「化粧ハッチ」を
使うことで目立たなくしています。

機能門柱は出来るだけ場所をとらないように
「LIXIL」の ‘ファンクションユニットスリムスクエア’を施工。

門扉は道路側のフェンス「三協アルミ」‘カムフィX5型’ にあわせて
同じシリーズ ‘ニューカムフィ5型’ を選択し、使いやすい様に
「親子扉仕様」としています。

新たに塗り壁を施した擁壁側にはシンプルな手摺、
「三協アルミ」‘エトランポU’ を設置しました。


after

国分N邸 階段-施工後 国分N邸 階段上からー施工後

 
門周りはその家の顔とも言える部分ですし毎日遣う場所とも言えます。
使い勝手と見た目を考慮して頑張って施工させて頂きました。
施工はかなり手間が掛かりましたが、とてもきれいに
そして使いやすく 仕上げられたと思います。

次回は庭内の施工を紹介していきます。

 

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-②

先日完工致しました滋賀県大津市国分新築外構エクステリア工事の詳細です。

今回は境界の施工についてです。

隣地との境界というのはすごくシビアなものであり、我々外構職人としては
かなり気を遣うところではあります。
今回の現場は周りの境界擁壁がすべてお施主様宅のものでしたので
かなり気が楽でした。

右隣の境界は既存のフェンスがかなり老朽化しておりましたので撤去。
ブロックを一段追い積みし、シンプルなメッシュフェンスを施工しました。

使用したフェンスは「三協アルミ」の‘ユメッシュZ’です。

 

before

国分N邸 隣地境界-施工前

 

after

国分N邸 隣地境界-施工後

 

 

裏側の隣地境界は勝手口側となり、裏隣のお宅も同じように勝手口があるため
こちらも既存擁壁上にブロックを追い積みし、背の高い目隠しフェンスを施工しました。

目隠しに使用したフェンスは「三協アルミ」の‘カムフィX 9型’です。

また勝手口上部にはテラス屋根、「三協アルミ」の‘メニーウェルF’を施工しました。
こちらは壁面から境界までの距離が最小規格サイズよりも短いため、出幅を切詰める
加工施工となりました。
地面部はコンクリート土間を打設しました。

before

国分N邸 裏勝手口周り-施工前

 

after

国分N邸 裏勝手口周り-施工後 (2)   国分N邸 裏勝手口周り-施工後 (1)

 

これでかなり使い勝手の良い勝手口周りとなりました。

次回はアプローチなどを紹介していきます。

 

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事完工-①

先日から施工させて頂いておりました、滋賀県大津市国分の
新築外構エクステリア工事が完成いたしました。

こちらの現場は新築外構工事ではありますが、
元々高台の建物を解体して新築されたので
既存の擁壁や掘込みガレージ部分を再利用するため、
どちらかというと大規模な外構リフォーム工事となりました。

before(建物の建築前)

 

国分N邸 全景ー施工前  国分N邸 全景2ー施工前

 


after

国分N邸 全景ー施工後  国分N邸 全景2ー施工後

新しくするよりも既存のものを作り変えるほうがかなり手間は掛かりますが、
とても良い感じに仕上がり、お施主様にも大変喜んでいただきました。

次回記事より詳しくUPしていこうと思います。

大津市 高台のエクステリア工事 コンクリート土間打設

本日は現在施工中の大津市の外構エクステリア工事現場にて
コンクリート土間打設を行いました。

通常の場合はコンクリートミキサー車から一輪車で受け、運ぶのですが
高台の現場の場合はそうにも行きません。

高台のため、クレーンにより打設位置までホッパーという道具を使い
コンクリートを運んでいきます。


クレーン&ホッパー


現場により、クレーン車を据えられなかったりすることも多々ありますが
今回は上手くいきました。

これによりこちらのエクステリア工事は本日かなり進み、
「ラストスパート」といった感じです。

仕上げまでもう少し・・・

仕上がりが楽しみです。

滋賀県 大津市国分 新築外構エクステリア工事着工 

 

先日から着工させて頂きましたのは、大津市国分の住宅地内の
新築住宅の外構エクステリア工事です。
見晴らしのとても良い高台の住宅地内でのお仕事となります。

前からあった建物を解体して新たに建てられた新築のお宅。
敷地自体も高台となり、外構も元のままの状態の部分が多いため
それを新築住宅にあわせてリフォーム&新設していきます。


国分 K邸 施工前 (1) 国分 K邸 施工前 (2)
国分 K邸 施工前 (3)

元からあるものを作り変えるのは、新たに作るよりも結構手間が掛かりますが
新築のお宅に負けないよう、頑張って作り込んでいきます。

滋賀県 大津市 外構エクステリア ウッド調フェンス施工

先日大津市鶴の里で施工させて頂きました外構エクステリア工事。
目隠しフェンスの施工です。

車庫の後ろが目の粗いフェンスだけで、裏のお宅から丸見えなので
ウッド調のフェンスを施工することになりました。

 

before

2015T邸モクプラ施工前

 

ウッド調のフェンスは各メーカーからいろいろ発売されていますが、
今回施工させていただいたのはタカショーの「モクプラボード」。

樹脂製の横板は木目模様が施されています。

色もたくさんあり、今回選んだのは ダークパイン

モクプラ拡大

パネルではなく、普通のウッドフェンスのように柱と横板を打ち付けていくので
現場合わせが容易です。

 

after

2015T邸モクプラ施工後 (2)   2015T邸モクプラ施工後 (1)

 

自然っぽく、いやらしくない目隠しが出来ました。

このようなエクステリア工事にもクレジットカードでのお支払いが可能です。
ただいまクレジットカード払いに限り、お得なキャンペーン実施中です。
詳しくはこちらを → 「キャンペーンのご案内」

大津市 エクステリア ドッグサロン フェンス工事

先日、天然木ハードウッドデッキを施工させていただいたお庭に
引き続きフェンス工事をさせて頂きました。

こちらはドッグサロンで、ワンちゃんを放して遊ばせるスペースをということで
ウッドデッキを取り囲むように広めのスペースに設置いたしました。



O市K邸フェンス (1)  O市K邸フェンス (2)

 

隙間が出来て、ワンちゃんが出て行かないようにコーナー部分はコーナー部材を使用せず、
立格子が突き当たり接続できるように誂えてあります。

お施主様にも喜んでいただき、ウッドデッキ~フェンスの工事状況をご自身のブログに
綴ってくださっています。 → 「念願の・・・ウッドデッキ&フェンス完成!」

ワンちゃんが駆け回ってくれるのが楽しみです。

大津市 エクステリア 天然ウッドデッキ完成

前回まで施工状況を紹介しておりました滋賀県大津市の天然木ウッドデッキ。
基礎土台までできていた前回からメインの床板を貼って完成しました。

K邸ウッドデッキ完成 (2)

床板に選んだのは‘アマゾンウリン’。。
強度および耐久性ではピカイチの天然ハードウッドです・

見た目的にも強度的にも重厚さが映える赤褐色の床板・・・・
お施主様のご希望で側面の幕板は施工しない仕様となっています。

K邸ウッドデッキ完成 (1)

完成当初とても鮮やかな赤褐色のデッキは屋外での使用で風雨に晒され・・・
しばらく経つと銀灰色のデッキとなって行きます。
もちろん、色が変わったとしても耐久性や強度は変わりません。
ある意味「都合の良い朽ちかた」を見せてくれます。

これから数十年・・・ここに存在するであろうこのウッドデッキ・・・・
年を追ってまたUPしていこうと思います。

大津市 エクステリア 天然ウッドデッキ施工状況 その②

前回からの天然木ウッドデッキ施工の続きです。

前回の図面のとおりに土台となる基礎を施工していきます。
まずは束石の設置。
ウッドデッキの場合、この束石を据えるのにコンクリートやモルタルで
固定しない場合も多いのですが、当店では基本的に要所は固定します。
また今回のようなハードウッド仕様の場合はすべてモルタルで据えていきます。

床下に敷き均す砂利もこの時点で施工しておきます。

K邸ウッドデッキ 基礎配置

束石に柱と根太、根絡みを組み付けて土台部分が出来上がりました。
何でも土台が大事。 このあたりの作業は何度も確認して慎重に施工していきます。

K邸ウッドデッキ 土台根太 (2)  K邸ウッドデッキ 土台根太 (1)


今回このハードウッドデッキの材料として選んだのは‘アマゾンウリン’という材木ですが
やや高価なため、すべてをアマゾンウリンで作成するのではなく、目立たない土台部分は
‘セランカンバツー(セランカンバツ)’材を使用しました。
このセランカンバツー材ももちろんハードウッドで、耐久性は十分。
アマゾンウリンよりは少しだけ安価なため少しでもコストダウンのためにと
今回の選別となりました。

とはいっても、さすがにハードウッド。
とても密度が高く、頑丈です。


K邸ウッドデッキ バツー材断面


予算に合わせてハードウッドの種類を選べるのも天然木ウッドデッキ施工の魅力です。

この後は仕上げの床材を張っていく作業となります。

出来上がりが楽しみですね。

 

Copyright© 滋賀県大津市の造園・エクステリア 北村庭園 All Rights Reserved.